鼠の気ままに馬ライフ

POGや一口馬主など、競馬にまつわる話をしていきます。

POG2021-22 今週の様子(1月3週目)

どうも、やよいです。

 

正月も過ぎ、3日競馬も終わり、あっという間に次の週末。

その間にいろんなニュースがありました。

世間でも多くのニュースがあり、果たして今年はどうなるのでしょうか…。

 

 

 

それでは今週のレースを振り返りたいと思います。

 

続きを読む

POG2021-22 今週の様子(1月1・2週目)

どうも、やよいです。

 

お正月も過ぎ、もう鏡開き。

もう2022年も10日が過ぎたのかと時間の経過に驚いております。

年末年始、競馬でも様々な報せが舞い込みました。

驚き、そして悲しみ…。

 

年が明けてオミクロン株の流行も広がり、まだまだ先行きが不透明な世の中。

昨年はフォロワー内でも競馬の流れが広がっていましたが、今年も皆さんが競馬を楽しめる年になってほしいところです。

 

 

それでは今週のレースを振り返りたいと思います。

年明け最初は5日と8~10日の3日競馬の2週分行こうと重いっています。

 

続きを読む

POG2020-21のドラフト指名馬の結果をまとめてみた

さて、ご無沙汰しております。やよいです。

先日の21年最後の競馬を終え、年末年始をゆっくり過ごしている競馬ファンも多いのではないでしょうか。

いや。地方競馬を見れば大晦日まで盛りだくさんでしたけれどね…。

 

さて、今回は仲間うちでのPOGの2シーズン目、2020-21シーズンが終わりを迎えました。

前シーズンと違って半年以上長い一年7か月という長丁場でしたが、長いようであっという間に終わった気がします。

1シーズン目の時とは違い、血統にもある程度詳しくなったこともあり、指名した馬だけでなく対戦相手の馬の血統についても触れる機会が増え、より一層競馬について多くのことを知ることもできました。

 

あの当時指名した10頭に、追加指名をした5頭。

それぞれのドラマもありましたが、今回はその指名馬の結果についてまとめておこうかと思います。

 

 

続きを読む

2021年の一口馬主の成績

どうも、やよいです。

既にこの記事を作成し始めた時点で年が明けて結構時間が経っているんですけど、ブログにまとめたいと思いましたので書いている次第です。

 

さて、2020年に一口馬主に手を出してしまって2年目のシーズンとなりました。

1年目は特にブログで触れていなかったんですが、初年度から出資馬(?)が勝つなど悪くない滑り出し。

…いや、特別無料募集馬と出資したというのは合っているのかちょっとわからないですけど。

 

そして2世代目の馬も含めてワクワクの1年となったわけです。

というわけで今回は1年間の成績をまとめてみたいと思います。

 

続きを読む

POG2021-22 今週の様子(12月4週目)

どうも、やよいです。

 

気づけば早いもので、2021年も終わりを迎えます

今年はいろいろとありました。

新型コロナウイルスのデルタ株やオミクロン株といった流行り病やスポーツではなんやかんやありながらも無事に幕を閉じた東京オリンピック、芸能の方面ではいろいろと衝撃的なことも多く語り切れません。

競馬というところに目線を向けても、白毛の馬がクラシックホースとなるわアメリカ最高峰のBCの芝ダートそれぞれのレースで勝ち馬が出てくる史上初の快挙など様々なことが起こりました。

そして、私がこうやって競馬に興味を持つきっかけとなった「ウマ娘」のアプリが満を持して配信。そこから競馬を始める人も出てくるなど様々な動きもありました。

 

そんな一年を締めくくるのが2歳中距離王決定戦ホープフルステークス

そして、数多くの競馬ファンの夢を運ぶ秋のグランプリ、有馬記念

今年は私も夢をのせるレースとなりました。

 

…ってことで、実は昨年6月からの20-21シーズンは今週で終了なんですよね。

最後の週に走るのは感慨深い…。

 

 

それでは今週のレースを振り返りたいと思います。

 

続きを読む

POG2021-22 今週の様子(12月3週目)

どうも、やよいです。

 

今週は2歳マイル王決定戦、朝日杯フューチャリティ。

結果としては武豊騎手念願の朝日杯タイトルとキーファーズの国内初G1勝利となるドウデュースの制覇。

POGとしても一口としても関係があるだけに、嬉しいところです。

 

それでは今週のレースを振り返りたいと思います。

 

続きを読む

京都サラブレッドクラブ2020産募集馬をチェックしてみた

皆様ご無沙汰しております。

やよいです。

 

さて、先日12月10日に会員である一口クラブ「京都サラブレッドクラブ」の2020年産馬の募集ラインナップが発表となりました。

サマーセールでの落札馬などを踏まえてどのラインナップとなるのか、8月の記事のころから楽しみにしていましたが、まさかここまで遅くなるとは…。

流石に遅すぎる感が否めないが…。

 

とはいえ、コンセプトの「なるべく損を出さないように、そして長く楽しめる」「ダート戦を主なターゲットとする」に沿ったラインナップが揃っています。

今の2歳世代、2019年産馬も既に2頭が勝ち上がり、揃って回収率100%超。

現時点の一口クラブ馬全体の世代回収率トップ10に共に名を連ねています。

まあ、フルムはともかくデアノヴァは募集価格400万円でしたからね…。

え?私の出資馬?いつ入厩するんだろうね?????

 

少々脱線しました。

今回のラインナップでは、サマーセールで落札した馬がどうなるのかというところにも注目が集まっていました。

 

nezuminopog.hatenablog.jp

 

特に京サラ(京都サラブレッドクラブなんて毎度打つの面倒なので以下「京サラ」とします)としては破格の金額で落札した馬もいましたので、ラインナップに加わればかなり注目となりそうです。

そういうことを踏まえての、発表待ちでした。

 

というわけで、今回は京サラの募集馬ラインナップをチェックしていこうと思います。

 

続きを読む