鼠の気ままに馬ライフ

POGや一口馬主など、競馬にまつわる話をしていきます。

POG2024-25に向けて1世代上の重賞勝利馬の弟妹をリストアップしてみた。

さて、ご無沙汰しております。やよいです。

POGは2023-24シーズンのクラシックの真っ最中。

思っていた活躍とは違う馬もいますが、楽しんでいます。

 

てか今年もこの時期に来たんですか…早いな…。

さて、現在行っている仲間内のPOGはシーズンが年末までですが、6月からの23-24のシーズンも開催されることが決まっており、その他のPOGサイトにも昨年に続いて参加するつもりです。

というわけでPOGドラフト対策の時期となってまいりました。

 

 

因みに昨季も似たようなことをやっていました。 

 

 

nezuminopog.hatenablog.jp

 

 

nezuminopog.hatenablog.jp

 

nezuminopog.hatenablog.jp

 

nezuminopog.hatenablog.jp

 

 

今年も毎度の流れでやろうと思います。

 

なお今年もいつも通り青本を買っています。

 

 

 

 

 

 

 

※ピックアップについて

今回ピックアップするのは兄姉の勝ったクラスごとで皐月賞までの時系列順となっています。

もちろん勝った中で一番上のクラスで紹介をしたいと思いますので上から見ると分かりやすいかも…?

 

 

G1

  • アスコルティの22 

姉は阪神JFを無敗で制したアスコリピチェーノ

これまでのきょうだい全て勝ち上がっていますし、祖母がリッスンということで近親にも活躍馬が多数いる一族となります。

ただしこれまでのきょうだいと違うのはセール上場というところ。

クラブに回してないということは若干引っかかります。

父はサトノダイヤモンド…もしかして理由それか????

 

 

  • フォエヴァーダーリングの22(ブラウンラチェット) 

半兄にUAE・サウジの両ダービーを制したフォーエバーヤングがいるという血統。

兄はPOGでほぼ見向きもしなかったんですけど、一番上の姉がモンファボリと個人的にはPOGで馴染みのある一族です。

父は兄と違ってキズナ…ですが、多分リアルスティールキズナって血統構成的には近いところありますよね。

ディープ×ストームキャットの組み合わせなこともあるので、しれっとダート走ってる可能性もあり得そうです。

ただ、牝馬だしなあ…。

 

 

  • ロカの22(セラドピラール) 

牝馬初のホープフルステークス制覇を果たしたレガレイラの半妹となります。

父は姉と違ってシュヴァルグランに。

…実質3/4同血ですか。

募集中止になった兄も含めてハーツクライの後継種牡馬を続けてつけていることからも、かなり意識しています。

祖母ランスエッジでウインドインハーヘアの一族ですし、シュヴァルグランに変わってどうなるか、とは思いますが姉の期待を考えると牡馬クラシックはともかくとしてオークスを狙いたくなる1頭になりそうです。

 

 

  • ブルークランズの22(フランシュフック) 

桜花賞ステレンボッシュの弟となります。

父はヘニーヒューズ

…というか兄もアジアエクスプレスだしで、エピファネイアつけた姉が若干イレギュラーみたいになってます。

どうやら4月の時点で560キロととんでもない馬格。

ダートを走るとは思いますが、逆にこのサイズだと短距離にシフトしそうな気がしてきましたが…。

 

 

 

G2

  • ルシェルドールの22(マイネルステラート) 

姉は京王杯2歳ステークスを制したラソンビートになります。

父はミッキーアイルに変わっています。

まあ姉も

スワーヴリチャードで短い距離を走っていますからこちらも距離は短いでしょう。

母父オルフェーヴルですし、堅実に数を使えるタイプな気がしますから、デビュー時期次第ではありますがPOGでも十分主力を張れる可能性はありそうです。

 

 

東スポ杯2歳ステークスを勝ったシュトラウスの半妹にあたります。

まあ兄は2頭続けて気性面がアレなので、牝馬なのは助かったと言えるのでしょうか。

父はドレフォン。

なんとなく芝ダートどちらでもというパターンで見込める気がします。

デビューも早そうですし、4頭続けてきょうだいが新馬勝ちを決めているだけに、デビュー時から狙いたいところでしょうか、

 

 

  • アルティマブラッドの22 

兵庫ジュニアグランプリを制したイーグルノワールの全弟となります。

兄はブリックスアンドモルタルの初年度産駒で、続けてつけられたということは相当の手ごたえがあったということでしょう。

その証左に重賞を勝ったということもあって、期待度はかなりのもの。

いまだに細かい情報が出てないところは気にはなりますが、兄のようにダート三冠を狙っていくことになるので…と悠長に言える時代じゃなくなってるのも事実。

元気に走っている情報が早いうちに欲しいところ…。

 

 

  • ビジュートウショウの22(スウィープレジーナ) 

チューリップ賞を勝ったスウィープフィートの妹となります。

姉はスワーヴリチャードをつけられていましたが、妹はアニマルキングダム

アニマルキングダム…?!

これまでとは経路の違う種牡馬ということで、どういう成長を遂げるのか。

普通に読めないですねこれ…。

育成時点ではかなり評価も高そうで、姉以上の活躍も期待できるのかもしれません。

 

 

  • サザンスピードの22(コスモマガラニダ) 

弥生賞制覇のコスモキュランダの半弟にあたります。

兄はアルアインでしたが、こちらはダノンバラード

ヘイローのクロスは濃くなりましたが、大きく変わった感じでもなさそう。

というか、ビッグレッドの馬とは言え渋いところから渋いところに変わったな…。

そんな印象です。

オーストラリアのG1馬が母というのはリバティアイランドが真っ先に浮かびますし、豪州出身の肌馬というところ、新しい日本競馬の流行になる存在となるでしょうか。

 

 

  • フィンレンズラッキーチャームの22(フィールドノート) 

3連勝でスプリングステークスを制したシックスペンスの半妹です。

父はキズナからロードカナロアとなっています。

まあ、どちらも有力種牡馬ですし、どういう期待度なのかはよく分かりますね。

かつ木村厩舎ですから、牝馬クラシックを視野に入れているといって良さそうですし、成長を見ていきたいところですね。

 

 

  • シュガーショックの22 

ニュージーランドトロフィーを制したエコロブルームの半妹となります。

父はサートゥルナーリアに変わっています。

種牡馬ということで、傾向的に代わりそうではありますが、まあダイワメジャー産駒の兄と比べて若干距離は伸びそうな気がします。

牝馬なんでマイル~中距離とかでしょうか…?

 

 

 

G3

 

  • ロザリウムの22(ローズゴジャール) 

函館2歳ステークスを勝ったゼルトザームの半妹です。

兄もヘニーヒューズ産駒ながら函館芝重賞を勝っているだけに、こちらも芝で走るのかなとは思います。

父はルヴァンスレーヴですから、余計そういう考えが浮かんできます、

祖母はローズバドということから分かる通り由緒ある薔薇一族の1頭。

かつ牝馬ですから将来的にはその血をつなげる役目を担うことになるでしょう。

馬格はあまりないようですが、デビューが早ければ早期から活躍も期待できるのかもしれません。

 

 

  • スリーアローの22(ヒットミー) 

札幌2歳ステークスを制したセットアップの半妹です。

兄はデクラレーションオブウォーでしたが、こちらはシニスターミニスター

完全にダート寄りですね。

兄は重馬場の芝に適性がありそうなのですが、シニミニなのでダート全般で走ることが出来そうな分兄より選択肢は幅広そう。

距離は何とも言えませんが、兄くらいの距離が持つなら関東オークスあたり狙いに入りそうなのかな、とは思います。

 

 

  • ディープインアスクの22(パリジェンヌアスク) 

小倉2歳ステークスを制したアスクワンタイムの妹にあたります。

ロードカナロア産駒のきょうだいたちは大体小倉の重賞を勝っているのですが、こちらは父ドゥラメンテ…まさかのラストクロップですかい。

サンデー3×3のクロスは気になりますが、ドゥラメンテディープインパクトの2頭が血統表に入るのはやはり凱旋門を意識してのものでしょうか。

この思いが結実するのか…果たして…。

 

 

  • アッフィラートの22(ストラディオット) 牡

サウジアラビアRC覇者ゴンバテカーブースの半弟となります。

兄はブリックスアンドモルタルでしたが、こちらはエピファネイア

藤原厩舎ですから使い詰めはそこまでなさそうですし、やはりエピファネイア産駒は体質で心配しがちなだけにそこはポイントで押さえておきたいところ。

力を発揮できればクラシックの有力候補になりそうな存在な気がします、

 

 

アルテミスステークスを勝ったチェルヴィニアの半弟です。

新潟記念を勝ったノッキングポイントも兄におり、期待値の高い一族。

父はブリックスアンドモルタルに変わり、かなり生産側の期待度の高さを伺えしれます。

そして厩舎は国枝厩舎。

…つまり、ダービーを狙う最後の世代の1頭ということになります。

デビューも早く堅実に勝つという一族ですし、間違いなくダービーに送り込みたい1頭なんでしょうか。

そう考えるとどうしても無視できないですよね…。

でも国枝厩舎の牡馬クラシック…と二の足を踏んでしまいます。

 

 

  • イチオクノホシの22(ミニトランザット) 

フェアリーステークス勝ちのイフェイオンの全弟となります。

きょうだいは地方も込みで全て勝ちを挙げている打率の高さ。

その上姉が重賞を勝っていることはかなりポジティブな要素と言えます。

マイルで走っている姉のことを考えると、さすがにマイル以下では走らなそう。

牡馬に変わることを考えると皐月賞やダービーを狙える気がします。

 

 

  • トップデサイルの22 

京成杯を勝ったダノンデサイルの弟です。

兄はエピファネイアでしたがイスラボニータとなっています。

そう考えると兄より距離は短めになりそう。

POG的にイスラボニータ産駒はそこまで人気しないと思うので、同行を見ていきたい1頭になるでしょうか。

 

 

  • サンドクイーンの22 

今年から始まったダート3冠路線初戦羽田盃のトライアル、ブルーバードカップがJpn3の格付け初年度となりました。

その初年度を制したアンモシエラを姉に持ちます。

祖母はフィエラメンテということで、2年前のPOGドラフト対策記事の馬名ピックアップ記事で触れた「マクギリス」がおじにあたるという血統ですね。

そのおじもなんやかんや地方で4勝を挙げているわけですから、ダートでは強い一族と言えそうです。

父は姉と代わってモーリス…ですが姉もブリモルだしこの馬も普通にダート走ってそうな気がします。

 

 

兄にきさらぎ賞勝ちのビザンチンドリームがいる血統です。

兄はエプファネイアでしたが妹はサトノダイヤモンド…ああ…そう…。

馬格が小さいようでそこはやはりネックですが、成長に期待すればというところ。

母父ジャングルポケットですし、府中の芝を先頭で駆け抜ける姿は浮かびますから、今後に期待というところでしょうか。

 

 

クイーンカップ勝ちのクイーンズウォークを姉に持ちます。

またグレナディアガーズが兄におり、優秀な一族と言えそうです。

父はドゥラメンテに変わるということで、満を持しての配合とも言えます。でもこれが最初で最後なのは惜しい…。

厩舎的に少し不安な要素はあるのですが、ドゥラメンテ産駒ということで期待をせずにはいられません。

それと、もう一つ、唯一未勝利だったのがロードカナロア産駒の姉だったということ…それが不安材料でしょうか。

 

 

  • グッドレインボーの22(ラプルスイメル) 

ダート3冠羽田盃のトライアルレースとなった雲取賞を勝ったのがブルーサン

その半妹にあたります。

父はモーニンからミスターメロディに変わっています、

渋いな…。めっちゃ渋いな…。

恐らくおじにリュウノユキナがいることからもダートの短距離を走るでしょうし、ダート短距離牝馬…となるとちょっと指名どうこうは悩むポイントではありますが、早期デビューするなら面白そうな存在です。

 

 

  • ミスエーニョの22(ショウナンザナドゥ) 

フラワーカップを制したミアネーロの半妹となります。

父はキズナに変わっています。

きょうだいもかなり堅実で、早期から走ってくれれば世代の中心に入ってくれそうな予感はあります。

 

 

  • ホームカミングクイーンの22(デアマトローナ) 

ファルコンステークスを勝ったダノンマッキンリーの半妹です。

父はモーリスからキズナに変わっています。

国枝厩舎の牝馬ということで、ラストの牝馬クラシック制覇の期待が掛かる1頭になりそうです。

キズナ牝馬ということで、注目しておいたほうがよさそうですし、既に入厩したということはゲート試験後放牧としても早いデビューが期待できそうですからねらい目かもしれませんね。

 

 

  • リンガスウーノの22 

全兄はダート3冠路線の羽田盃トライアル京浜盃JRA勢を破ったサントノーレ

エピカリス産駒としても初の重賞タイトルを父に届けることになりました。

兄はその後骨折が判明して春全休となってしまいましたが…。

その上の兄トレドは中央2勝ですし、おそらく中央でも普通に勝てるレベルの一族なのでしょう。

血統も中々通で、母父サウスヴィグラスで祖母は中央ダート短距離のOP馬。

そして母母父はサクラローレルと血統表を見てるだけで楽しくなりますね。

まあなんとなく地方でデビューしそうな気がしますが、南関牝馬3冠を狙えるかもしれません。

 

 

  • メイショウツバクロの22 

兄は毎日杯を快勝したメイショウタバル

その半弟ですが…ロジャーバローズ産駒ですか。

祖母ダンシングハピネスなのでPOG指名馬だったロンのいとこになるんですね。

血統的にメイショウ冠をつけて走るのでしょうか、この血統なら追いかけたさがあるので情報が欲しいところではありますね…。

 

 

ルパン2の22(ギフテッド) 

アーリントンカップを制したディスペランツァの妹になります。

つまりファントムシーフの半妹でもありますが…。

父はモーリスに代わり、短距離からマイルを走ることになるでしょうか。

脚部の問題でクラブ募集にはならなかったものの、ダンジグクロスのモーリス産駒はオーストラリアで結果を出していますし、面白い存在になりそうです。

 

 

まとめ

いまいち追い切れてないきょうだいがいたんですけど、結構面白い血統の馬もいたりで見てて楽しいですね。

昨年もここから指名馬を出したこともあって、ここから選ぶことも十分ありそう。

特にあの馬とか…ね。